技術情報  手すりの足元取付工法

手すりの足元取付工法の種類

溶接工法 シース管抜き型工法 コア工法 ピン工法

それぞれの工法について

シース管抜き型工法

シース管抜き型 シース管抜き型 シース管抜き型

ピン工法

 ピン工法は特殊な支柱補強材を開発し、シース管・コア穴を必要とせず取付職人のハンドドリルの工具にて躯体穴開け及び施工が可能な方法で、手すりの製品だけでなくコア穴・モルタル等の費用を含めたトータルコストで判断していただければ、メリットがあります。躯体への穴あけを極力小さくする為、現在意匠登録出願中であります新開発の支柱補強材を使用する工法です。
 もちろん強度の面も、既に日本建築総合試験所にて既に 300kg/mで強度試験を実施し、基準値を満たしました。テーマ『安全』として、ピン工法手すりのさらなる開発中です。
 
トップページへ >>
アルミ手すり種類へ >>
その他取扱製品へ >>

株式会社バルケン東京  〒136-0071 東京都江東区亀戸6丁目55-19 ルミエールビル3階
 TEL:03-5836-6565  FAX:03-5836-6566  info@varuken-tokyo.co.jp

Copyright © VARUKEN TOKYO CORP. All Rights Reserved.