技術情報  アルミ手すり取付工事(金属工事)の流れ

■ アルミ手すり取付工事(金属工事)の準備と設計

 バルケン東京では、新築工事、改修工事共にお引き受けいたします。
 特に改修工事は、直接手すりをお使いいただけるお客様と接する現場です。
いままでの改修工事の経験から、安全に対する心づかいをお察しいただけることと思い、改修工事の手順を記載しました。
 管理組合、改修工事施工請負業社の監督員、住民の皆様とさまざまな視点から、 バルケン東京の工事実績は評価を受けております。 末長いお付き合いの最初からを、手順を追って説明させていただきます。

■ 改修工事前の現場調査

 事前打合せが品質管理の第一歩。念入りにチェックします。 バルケン東京では、アルミ手すり取付工事(金属工事)の良し悪しは事前打合せによって決まると考えています。 そのために施工要領書の基づき、施工管理者の立会いのもと試験施工を行い、適正な基準を設けて施工いたします。

アルミ手すり取付工事(金属工事) アルミ手すり取付工事(金属工事) アルミ手すり取付工事(金属工事)

■ 積算・見積書提出

 繰り返し検討を重ね、顧客様のニーズや価値観をヒアリングを通じて把握して、それらを落とし込んだプランニングをさせていただきます。 アルミ手すり製品ラインナップが豊富なバルケン東京から顧客様にとって最適な手すりを提案させていただきます。

アルミ手すり取付工事(金属工事)

■ 現場実測・工務工程表を作成

 現状の躯体および新設アルミ手すりの据付箇所を確認し、搬入口の位置と大きさを確認します。特に、既存ビルにおいては新築現場の場合と異なり、クレーン等の搬入用揚重機の制約のため、重量制限や寸法制限が多く、設計前から製品のユニットを検討しなければならない場合が多くなります。
 事前に総合的に検討して、全体工事計画の一環として工務工程表を作成し管理しています。

アルミ手すり取付工事(金属工事) アルミ手すり取付工事(金属工事)

■ アルミ手すり施工図

 アルミ手すり製品の品質の均一を図るため、アルミ手すり取付工事(金属工事)着手前に材料メーカー、協力業者を交え当現場仕様書の内容を熟知すると共に、バルケン東京社内において検討会を開き、周知徹底いたします。
 なお、現場担当者による品質管理を徹底し、工場の検査チームによる品質検査を実行し、品質向上に努めます。バルケン東京社内で打ち合わせを行い、設計部門と生産部門で繰り返し検討を重ね、コンセプトに徹したデザインを守り、参考図・提案図・施工図を作図いたします。

■ 工事工程表 (掲示)

アルミ手すり取付工事(金属工事) 玄関案内板などを利用して住民の皆様に協力いただける様に、工程表や作業内容、ベランダ使用の可否をお知らせします。そして、生活に影響を及ぼす作業を行なう場合は、「お知らせ」チラシを作成、郵便受けに配布します。
 また、施工日の気象データを調査し、毎日の気温・湿度、風雨等の情報に基づき作業内容や方法等を選択決定し品質管理に努めます。

■ 工事説明会の実施

 工事着手前に居住者を対象に「工事説明会」を開催し、工事内容や注意事項について理解していただきます。

■ 万一の保険

バルケン東京  着工前の準備として、本来事故などはあってはならない事ですが、万一に備えて工事保険に加入しています。
 どのような状況が起こったとしても、十分な準備をしておくことで、安心してバルケン東京におまかせいただけることとなるでしょう。

技術情報  アルミ手すり取付工事(金属工事)着工

■ 歩行者の安全・搬入車両の誘導

 周囲の交通事情を考慮の上、場内への搬入経路および時間帯を決めます。 園児・児童の通学やスクールバス停車場付近の作業は、特に重点と考えています。綿密に計画し監視員を配置いたします。

アルミ手すり取付工事(金属工事) アルミ手すり取付工事(金属工事)

■ 足場架設

 足場があるため防犯対策として、サッシの施錠と共にサッシの補助錠をしていただくことをお勧めいたします。なお、マンション改修工事期間中は補助錠の無償貸出をします。それは、安心しがちなオートロック式マンションで、鍵をかけていないベランダなどから侵入される被害にあわない為の防犯対策です。
 アルミ手すりの施工にあたっては、居住者の皆様の安全が第一と考えております。

アルミ手すり取付工事(金属工事) アルミ手すり取付工事(金属工事)
アルミ手すり取付工事(金属工事) アルミ手すり取付工事(金属工事)

■ 既存(隔て板・手すり )の切断と撤去

 マンション改修工事の最大の特徴として、居住者の皆様が日常生活を営む中でアルミ手すり取付工事(金属工事)を施工することです。
 バルケン東京はこれまでのマンション改修工事の経験を生かし、居住皆様の生活リズムを崩さない日程や作業管理を考えて施工いたします。

アルミ手すり取付工事(金属工事) アルミ手すり取付工事(金属工事)
アルミ手すり取付工事(金属工事) アルミ手すり取付工事(金属工事)

■ 産廃処理

 産業廃棄物の処理は、環境を考え適切な処分をします。

アルミ手すり取付工事(金属工事)

■ 既存手すり (支柱再切断、切断部の錆止め処理)

アルミ手すり取付工事(金属工事) アルミ手すり取付工事(金属工事)

■ 既存手すり支柱内 (モルタル注入)

 躯体が破壊してマンション建物の強度を落とす事の無いよう、丁寧な施工をお約束します。

アルミ手すり取付工事(金属工事)

■ 手すり (墨だし)

 マンション建物全体の意匠に関わる作業ですので、熟練の職人によって細心の注意を払って墨だし作業を行います。

アルミ手すり取付工事(金属工事)

■ アルミ手すり 基礎(穴あけ・接着剤注入)

 アルミ手すりの基礎は、取付工法によって施工方法は変わります。 それぞれの建物の現在の状況に合わせ、アルミ手すりの強度が保たれた最適な取付工法で施工させていただきます。
アルミ手すり取付工事(金属工事)

■ アルミ手すり 搬入

 搬入計画は建築工事全体の総合工程を良く把握し、施工工程の遅延を招かないようにします。材料や機器の数量、大きさ、重量を把握すし、搬入日時と納期を確認し、関係者と打合せて調整します。

アルミ手すり取付工事(金属工事)

■ アルミ手すり 取付 (支柱は、冶具にて固定)

 アルミ手すりのガラスタイプのパネルの場合、現地にて職人がガラスをはめ込んで施工いたします。この段階で、複数の人間がよりかかってもアルミ手すりが落下しないことを確認しています。

アルミ手すり取付工事(金属工事) アルミ手すり取付工事(金属工事)
アルミ手すり取付工事(金属工事) アルミ手すり取付工事(金属工事)

■ バルケン東京では、自主検査を行います。

 バルケン東京の工務担当者が、各現場ごとに自主検査を行います。
 アルミ手すり製品とアルミ手すり取付工事(金属工事)の両方をチェックしますので、ご安心ください。

アルミ手すり取付工事(金属工事) アルミ手すり取付工事(金属工事)

■ 足場解体

 マンション居住者の皆様への工事進捗状況の広報をします。 生活に影響を及ぼす作業等については、 集合郵便受けに「お知らせ」のチラシを配布します。
  マンション改修工事について、皆様方へのご理解を賜りご協力いただけるように努めます。

アルミ手すり取付工事(金属工事)

■ マンション改修工事の完成、新しい暮らしが始まります

 リフォームが済むと、新築のようにピカピカな外観に生まれ変わります。
 ぜひ、バルケン東京のアルミ手すりやアルミ隔て板・アルミ面格子でトータルリフォームをお考えください。

アルミ手すり取付工事(金属工事) アルミ手すり取付工事(金属工事)

■ 管理組合様の信頼を得ることが基本姿勢です

 バルケン東京のアルミ手すり取付工事(金属工事)における姿勢として、安全管理・施工管理をより高め、 建築物をより大切に維持していく事が管理組合様から信頼を得る事に繋がり、ひいては居住皆様方に満足を提供させて頂けるのではないかと考えています。
 以上の主旨から施工は基より、竣工引渡し後のアフターメンテナンスがより重要であり、不可欠な要素です。

工事期間 + 保証年月

と、お付き合いが建物と私どもの間に始まり、管理組合様の信頼を得ていかなければならないと考えております。

アルミ手すり取付工事(金属工事)の基本姿勢
誠実に顧客様に向きあい、
約束を守り信頼を得ることが、
株式会社バルケン東京の基本姿勢です。

トップページへ >>
アルミ手すり種類へ >>
その他取扱製品へ >>

株式会社バルケン東京  〒136-0071 東京都江東区亀戸6丁目55-19 ルミエールビル3階
 TEL:03-5836-6565  FAX:03-5836-6566  info@varuken-tokyo.co.jp

Copyright © VARUKEN TOKYO CORP. All Rights Reserved.